スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
自分を粗末にしていても
自分さえ信じられずに

誰を信じられるの

自分を傷つけるような人が

何を愛することが出来るの



誰かを信じるときは

自分を信じたときだ

自分を愛せたとき

本気で人を愛する事が出来る



小さなことと

自分を粗末にしていても

何も手には出来ないし

何も変えられないと思う


             裕 樹



いくら人のことばかり気に出来る人も
自分のことはしっかり気にしていると思います。

やはり、総てにおいて1を得ず2は得られないと思います。


 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑お気に召して頂けましたら、1クリック御願いします。
【2008/02/26 19:39 】 | その他の詩・ことば | コメント(2) |
<<強がり | ホーム | 歩くための理由>>
コメント

こんばんは、裕樹さん!

ちょっと、きつい口調なので責められているのかと思いました。何度も、読んでいると、裕樹さんの言われたいことが伝わってきました。

それは、どんなことがあっても、自分の事を疎かにしてはいけない・・・いつもの裕樹さんらしい愛情から来る力強い思いが込もっていました。こんな風に、人のことに必死になれる裕樹さんが、暖かくて好きですよ。
【2008/02/27 20:27】| URL | はるか #-[ 編集] |

いつも
考えなしに進む私の方向、
指摘して気づかせてくれてありがとう☆

どんな小道に迷い込んでも
後向きでなく、堂々と歩みたい。
「悲しみの言葉は全部」すてて。
【2008/02/27 00:01】| URL | アオ* #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。