スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
それはまるで
あの日

みた夕陽は

忘れられない



淡く紅く

一面染まった空



それはまるで

あの日のふたりの

愛の焔の如く...


            裕 樹



この詩のテーマは「いつかの日の想い出」ってところかな…


 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑お気に召して頂けましたら、1回づつ…ぽちっと。。
【2007/11/05 20:32 】 | その他の詩・ことば | コメント(2) |
<<歩み寄るココロ | ホーム | 勇気>>
コメント

 >kite さま♪

一番忘れたくない想い出。
人が一番失いたくないものは想い出ではないでしょうか。

同時に、忘れたい過去…それは即ち想い出。



今でも自分には消せない過去がありますね。
それも、自分の生き方を左右しているであろう、過去が。

人間、昔に囚われてしまうと今を生きられなくなっちゃいますね。
【2007/11/22 10:09】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |
いつの間にか・・
「本当のところどうなんだろう?」と探り合う日々、いつの間にか降り積もり、結局真実を聞くことが出来なかった。
そんな遠くなってしまった二人が互いに離れた場所で懐かしく思い出してる気がします。
きっと幸せなはずなのに未来に少し不安気な二人が、朱けの色に染まる夕空を揃って見上げてる様子が浮かんでくるようです・・
【2007/11/14 23:18】| URL | Kite #2ImCrheE[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。