スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
そっくり
雨ばかりのとき

光の降り注がぬ冬のとき

太陽の光が恋しい



そんなふうに

時に何かを

求めることがある



あの頃僕が

キミに抱いていた

気持ちとそっくりだ


            裕 樹



 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑お気に召して頂けましたら、1回づつ…ぽちっと。。
【2007/07/14 17:01 】 | その他の詩・ことば | コメント(2) |
<<ぼくたちもね | ホーム | カギ>>
コメント

 >はるか さま♪

人は、ないものねだりばかりをします。
それらを満たすべく、生きると言っても過言ではない。



はるかさん、こんばんはー
コメントありがとうございます。


雨が続くと、束の間でも青い空が拝みたくなります。
当然ながら、寒い日の曇り空の下で歩くのは寒さもひとしお。

そんな時に差し込む太陽の光には、感謝せずにはいられない。



傍で寄り添ってくれる人だって、それと同じなのかも知れません。
いて当たり前、あって当然という考えではいけませんよね。
【2007/07/21 19:12】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |
太陽の光
裕樹さん こんばんは!

今日は台風で雨風が激しいですね! 大丈夫ですか?
雨の中、寒い冬の日に求める太陽になれたなら、本望ですね!
それは、きっと愛する思い有ればこそ、支えとなれたのでしょう。

もしかしたら、それは、裕樹さんが蒔いた愛の種が花開いたのかも知れませんね。

太陽の光だなんて言われたら、きっと照れていますよ。 唯、 思いを伝えているだけで・・・
【2007/07/14 18:43】| URL | はるか #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。