スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
未熟
今は悔やめる

あの日のことも

今も胸に

痞えてることも



お互い

未熟だったと認めて

歩み寄れる



そんな人との

繋がりを

求めてしまう自分は

未熟でしょうか


             裕 樹



 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑自分はどうだろう、と考えた方は1回づつ…ぽちっと。。
【2007/04/22 18:31 】 | その他の詩・ことば | コメント(6) |
<<何だろう? | ホーム | だろう>>
コメント

 >しぃ さま♪

未熟だから人間か…なるほどなぁ。
ただ、何を思って人は未熟と思うのか謎ですが(^^;



しぃさん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


でも、未熟な部分を顧みながら自覚することは、
生きていく上で大切なことなのかも知れません。
あまりに責めすぎることも良くないけれど、だからといって
自分の生き方や在り方に間違いなどない、と思っていては
いつまでたっても前に進めない、そんな気もしますし…(笑)



やっぱり、柔軟に…でも、譲り過ぎずに生きるのが重要なのかな。
【2007/04/26 18:51】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

未熟だから人間なんですょ きっと。
完璧だったらつまらないし 聖徳太子も完璧じゃないと思います。

でも未熟でいいんだと納得しちゃダメなんですが…
自分らしさを大事にしてまわりの人に感謝しながら 一生懸命生きたいです。
【2007/04/24 03:37】| URL | しぃ #IUIHwiH6[ 編集] |

 >はるか さま♪

この世界で生きている限り、一期一会は誰にも訪れます。
まぁ…大半の人がそんなもの、程度にしか思わないんだろうな。
それに、次に逢えるかどうかさえ解らない世の中ですし(笑)

でも、自分はどうしてか縁あった人は
誰であっても…こう、また逢える日を想像してしまう。
だから、縁あって巡り合えた人全てがそう思っていて欲しい。
僕と同じように、一期一会を大切にと思っていて欲しい。



はるかさん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


そうやって思う以上、衝突も絶えないかもしれない(笑)
だからこそ、相手も同じように心を以って接して欲しい。

ただの言い合いに、何も産まれないのは言うまでもないですからね…










 >eve さま♪

自分もまだまだ、生涯生きるかもしれない人生の
25パーセントくらいだけしか生きていません。
それだけで考えても、未熟な部分は多々あります。

でも、思い悩み考えた時間の長さは、どうだろうな。



eveさん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


ひとつひとつ、気付いたことや感じたことに、
素直に自身を認め、時には過ちを悔やめること、
その態度が未熟というものから遠退けてくれるような気がします。



自分も、そんなふうに生きていきたいなぁ。










 >あこ さま♪

完成されたものを手にしたり、使うことは容易い。
無論、今は大半のものがそういったものが多いですね。
でも、時々出来上がったものに魅力を感じないことがある。
それって、自身が未熟なのか否か確かめたいから、なのかもしれない。



あこさん、こんばんはー!
コメントありがとうございますー


無論、そういう気持ちは人と接する際も同じなのかも知れない。
出来上がった人と付き合っても、得られるものなど無いように思える。
お互い未熟だから生まれる感性や、大切なこともあると思いたい…

そう…思うことは、決して未熟ではないんだと信じたいですね。
【2007/04/23 21:04】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

人との繋がりを求めることは
マイナスではないと思うし
未熟さが悪いとは限らず
未熟同士だから
補い合えることもいっぱいあって
一緒に成長できたりする気がします。
【2007/04/23 15:50】| URL | あこ #-[ 編集] |
こんにちは
私も未熟だったことを認めます。
・・・いまでも、そうですが^^;
できるなら、もう一度、歩み寄りたいです。

そして、その機会がもしあったのなら、
この次こそはおかした失敗は
もうしないつもりです。

ポチ♥
【2007/04/23 13:07】| URL | eve #veYGj2xU[ 編集] |
繋がり合える人と
確かに、お互い未熟だったと今なら思えるけれど、そういう謙虚な心になれたことが有り難く思う。かといって、やり直しが出来るかと問えば、まだ、努力の余地があるところは有るけれど、心から慕うことが出来ずに、そこから崩れることは経験済み。 今、自らの無力さに誰かに救いを求めるとしても、頼りたくは、ただ一人。繋がる心も容易く繋がれるものではないと思いませんか。
【2007/04/23 06:24】| URL | はるか #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。