スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
キミとボク
キミは僕に語りかける

明るく輝き問いかける



「キミは僕と同じかい?

  それとも他のものなのかい?」



「僕はどちらでもない

  僕は自ら輝けるし

    誰かと共に輝くことも出来るもの」



そう応えた


             裕 樹



この、語りかけてきた人(相手?)が何なのかが解れば
また違った詩に見えてくるのではないか、と思います。


 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑お気に召して頂けましたら、1回づつ…ぽちっと。。
【2007/02/09 20:10 】 | その他の詩・ことば | コメント(2) |
<<飛び込む ? Beloved you ? | ホーム | 宿命>>
コメント

 >紅Ж零狼Ж さま♪

紅Ж零狼Жさん、こんばんは!
コメントありがとうございます~


自分がこの詩を書いたとき、主語は太陽でした。
太陽はただ光り輝き、地へ光をもたらします。
太陽の光は希望に、そして自信に満ち溢れているのです。



その光を以って、僕に問いかけてきました。
僕は希望も、自信も溢れるほど持ち合わせてはいません。
その時点で、太陽とは違う…少なくとも同じではない。

だけど、完全に不一致でもない。


そして、太陽とは違い…他の何かと共に光り輝くことも出来る。
共に光を発し、お互いの光を交差させながら光ることが出来る。



この詩は、そんな考えのもと…生まれたんですね。





だけど、自分自身という言葉を見て「あ、そうかも」って(笑)
もしかしたら、太陽を理想の自分に見立てたのかも知れない。
或いは、自分が理想だと思っている姿を太陽に馳せたかも知れない。



自分が違った詩に見えてきてしまったなんて、なんという誤算だ!(笑)
【2007/02/10 22:41】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

問いかけてくるのは自分自身。
そんな気がします。
自立しようとしているけど自立しきれない。
そんな感じの詩なんじゃないかな~
と思います。
【2007/02/09 22:04】| URL | 紅Ж零狼Ж #LHTSFTz6[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。