スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Road
与えられていた

進むべき路



いつしか僕ら

路は当たり前に

進むことが出来ないことを知る



僕らは泣きながら産まれ

たくさんの人と育ち

その中で意見を交わし

時には意志をぶつけ合い



どんなに恵まれない自分でも

きっと誰かが手を取ってくれる

あなたはその手を

ただ信じて繋ぎ返せばいい





路は

待てば見えてくるものじゃない

自分が歩いて探すものだ



路は

自分で作らねばならないわけでもない

見つけられないなら

誰かの築いた路を

信じて歩くのも

それもまた立派な路


              裕 樹



 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング


↑お気に召して頂けましたら、1回づつ…ぽちっと。。
【2007/02/07 18:49 】 | 伝えたい詩・ことば | コメント(7) |
<<宿命 | ホーム | 満月>>
コメント

 >アンジェリーナ さま♪

アンジェリーナさん、こんばんわぁ。
コメントありがとうございます!


聴いてみれば何ら普通のことを言っているのですが、
いざ自分が歩むとなるとついつい見失ってしまいがちですよね。
そうなったときの路しるべ、常に持ち歩いておきたいですね!



とはいっても、次で打開案も出しちゃっていますが(笑)
とにかく「立ち止まっている」それだけは勿体無い、という感じで…
うん、勿体無いですね(笑)
【2007/02/09 19:54】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

 路は
 待てば見えてくるものじゃない
 自分が歩いて探すものだ

ここが一番好き! 自分の路は自分で
探し当てなければね☆
勇気が湧いてきたよ!
ありがとう。
【2007/02/08 21:27】| URL | アンジェリーナ #-[ 編集] |

 >Fahrrad さま♪

Fahrradさん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


そうだね、人それぞれに違った路があるから人は同じじゃない。
だけど、どの路を進むことになろうとも、変わらないことがある。
それは、進みたいと思った路を人は自ずと選んでいる、ということ。



だから、どんな路であっても選んだことを後悔しないで、
路が見えなくなるまで歩き続けて欲しい、と自分は思うのです!

というわけで、お互い頑張ろう(笑)










 >tenko さま♪

tenkoさん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


路は自分で作らねばならぬものと、重く考える人がいます。
だけど、それならば人は最期までひとりで生きればいいんです。

元々、人はふたり(男と女)でなければ生を続けられない。
誰しもがひとりを選べば、この世の人類は滅びてしまいますからね。


ただ、必ずしも何かに合わせて路を選ばねばならぬ訳でもないですよね。
そこは、合わせよう、信じようと思った時に出来ればいいことで…



とにかく、後ろめたさを感じながら歩くことだけはイヤですよね!










 >nao35 さま♪

nao35さん、こんばんは!
コメントありがとうございますー


そうですねぇ…時に葛藤が生まれてくるのですよね。
その度に、自分の選択に不安を感じたり戸惑ったり…

でも、どんな路を進み困難に遭い、逃げてしまおうとも
それまで進んできた過程に意味はあると思うんですよね。


その思い、忘れずにこれからも生きていけたらいいなぁ、なんて。



あ、リンク勝手にさせて頂いてすみませんでした(笑)
僕の方こそリンクをして頂いて、嬉しいです!

こちらこそ、よろしくお願いしますね~










 >チエノワ さま♪

チエノワさん、こんばんは!
お久しぶりですね~、コメントありがとうございます!


そうですよね、歩いた過程がどんなものであっても、
たとえ周りの人間が無意味なものと罵っても、
その人が大切に思うなら意味のあるものだと自分は思ってやまない。

そういう…人の大切をカンタンに人のものさしで決めることに
時に不快感を覚えていましたし、これからも変わらないですね。



そういう態度・考え方は、自分はこれからもしたくはないですね。
【2007/02/08 19:47】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

長い間ごぶさたしておりました。
ゆうきさん、お久しぶりです。

路には色んな路があって
こうしなければいけない路とか
こうするべき路とか
こうしたらいい路とか
どうしてもいい路とか、、、
だけどどこを歩いてもそれは「自分の路」になるんですね。
人(外)から見たらそうは見えなくても
自分(内)から見たら『自分が歩いた』自分の路。誰が何と言おうとも。
そんな当たり前のこと、どうして皆が認めてくれないのでしょう。。。
【2007/02/08 15:11】| URL | チエノワ #z0Dn2JLk[ 編集] |

ゆうきさん、こんにちは。

確かに大人になると特に、分かれ道も行き止まりも多くなってきて、その度に葛藤したり、あるいは、歩いている路が自分が切り開いたものではないことに、慨嘆したり。よくあります。
ゆうきさんの言葉はとても励まされます。
手を差し伸べてもらえることも、誰かと一緒に歩けることも、その人の才能なんですね。

~ゆうきさん、リンクに加えていただいてありがとうございます!見つけてびっくりしました。嬉しいです。僕の方でもリンクさせて頂きました。今後とも宜しくお願いします。
【2007/02/08 12:14】| URL | nao35 #-[ 編集] |

こんばんは。

ほんとにそうですね。
誰かが歩いている道でも、誰も歩いたことがない道でも
私が歩けば私の道。
誰かと一緒に歩く道、一人で歩く道、
色々あるのでしょうね。
とりあえず私は私を信じて歩きます。
たくさんの人に助けられながら、助けながら。
【2007/02/07 23:22】| URL | tenko #-[ 編集] |

誰かと同じ道なんてない。
だってそれは、自分で選んで
自分で進んでいるんだから・・・
こんばんわー
俺も頑張らないとなー
すみません返信しにくいコメントで(笑
【2007/02/07 20:26】| URL | Fahrrad #uOnX6Dwg[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。