スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
We are ? 人は... ?
僕等は醜い生き物

生きるために

他の動物を食し

目の前にある自然でさえ

人は時に手をかける



僕らは哀しい生き物

思い合えていても

重なり合えない

たったひとつのすれ違いで

全てが壊れる



だけど

そんなに悪い生き物ではないと

僕は思いたい



何かがきっかけで

繋がるときがある



同じ意志に共感し

手を取り合える



たとえ意見が食い違っても

歩み寄れさえすれば

繋がらない手など存在しない





何より僕たちには

「感じる」という特権がある

嬉しかったり

哀しかったり

苛立たしかったり



それらはみな

人間だから出来ること

人間だから出来たこと





それらを愛せるから

人は手を取り合えるのかも知れない



何かを護ろうと想うから

人は歩き続けられるのかも知れない



何かを訴えたくて

人は叫び続けるのかも知れない



それが大切だと気付いたとき

初めて人は人としての在り方を

考えるのかも知れない


                 裕 樹



今日まで265日間、毎日詩を更新し続けて参りました。
自分にとっては、あっという間の日々でした。


最初の頃はコメントも少なく続けられるかさえ不安で、
やはり普通の日記に戻そうかと思いながら書いていましたが、
次第に閲覧してくれる方は増え、コメントの数も増えて・・・
自分にとってはそれだけが日々の楽しみにもなっていました。





ですが、最近思うような詩が書けません。
気持ちも不安定なのか、新年明けてから殆どといっていいほど
リンクさせて頂いている方へのコメントもせずままの日々。


そんな、不安定な気持ちはリアルにも反映されています。
良くも悪くも、このブログは重荷になっていたのかもしれません。

コメントが嬉しいぶん、お返ししたい気持ちが強いあまりに
他のところを疎かにしていたことも・・・ないとは言えません。



逆に、コメントが少ないと消沈してそれがリアルにも反映され
自分のリズムですら不規則にしてしまう、正直、そんなこともありました。
自分が伺いにも行かず来るコメントだけは期待する、っていう
頭の思考回路も冷静な目で見たとき腹立たしくも思っていました。





300回まで頑張るべきか、迷いました。
自身のなかでも区切りにはなるかな、とも思っていましたので。
詩も、ゆうにストックは300回を迎えるぶんくらいはあります。

でも、暫く更新はやめることにします。
ランキングも、やめます。
少なくとも、完全復帰するまでは・・・戻りません。





完全復帰するとしたら、リアル面で充実した時だと思います。
その時にまだ、思い残すことや時間の余裕があれば戻るつもりです。

今日までこのブログを愛してくださった方たちに
これで最後にお別れです、なんてことは僕には言えません。

仮に完全復帰がならなくとも、ちゃんとした終わりを、
ちゃんとした形で、示すことが最後の礼儀だと思っておりますので。



必ずや、完全復帰まで持ち上げてみせます、それまでは・・・
それまでは、どうか僕に時間と休息をください。





最後に・・・
こんなカタチで突然休止することを、おゆるしください。
【2007/01/22 19:30 】 | その他の詩・ことば | コメント(9) |
<<ゴメンなさい | ホーム | 代償>>
コメント

とりあえず…

たった一日、いや…何時間かのお別れ宣言でしたが
短い間にこれだけのコメントを頂けたこと、嬉しく思っています。

再開をすぐ決めた理由は…そう多くはないですが
語ろうと思うとどう語ればいいのか悩むので割愛しますが。



言うなれば…始めた当初は何もかも解らなかった状態で、
全てが手探りで…がむしゃらで、でも一種の挑戦者のような、
そんな「イキオイ」も味方にしながらやってこれていました。

ですが、次第に波に乗ってくるにつれ酔っていたのだと思います。
勿論、その中で浮き沈みはありましたしそれはまだ良かったですが
明らかに挑戦者だった頃のイキオイやがむしゃらな気持ちが
次第に薄れていたのを凄く感じていて、そういった気持ちが
ここ最近の自身の気持ちの揺らぎにもなっていたように思いました。



それと相俟って続けてきた日々に終止符を・・・と思ったのです。
しかし、一方で勿体無い…ような、そんな気持ちもあったんです。

自分はまだ何も作ってもいないですし、何も打ち立てていない。
まだ、始まってもいませんでした、この自分の世界は。
今、まさに描きたい世界を描いている最中だということに、
今回あのような言葉を吐いたこと、そしてこの一連の件に対しての
みなさんのコメントで気付くことになりました。





そうさせてくれたのは、みなさんでした。
またひとつ、大切な世界を自分の手で投げ捨てるところでした。
改めて、本当にありがとうございます!

これからも、1人でも多くの人の心を打てるような言葉を、
操りながら綴っていけたらと思っております、よろしくお願い致します。
【2007/01/24 17:35】| URL | 裕樹 #KRZE5wbw[ 編集] |

いつも見させてもらってます。
コメントはしなかったですが
毎回楽しみにしてました。
何があったのか分からないですが
頑張って下さい。
復帰、待ってます。
【2007/01/23 11:32】| URL | さやか #SFo5/nok[ 編集] |

そんな!ゆうきさんが・・・・・
いい詩が本当に多かったのに・・・・

人って何かを糧にしたりするのは、
他の動物と同じ。
ただそれが過ぎるときがある。
だからそれはいい。
人は他の動物と違いいろんな生き方ができる。
だからいがみ合ったり、分かり合えることができる。

リンク・・・どうしましょう?

とりあえず、今まで有難うございました。
でも詩のコメントはして欲しいです。
宣伝じゃなく、本当に、してほしいです。
それでは、短い間でしたが、有難うございました。
【2007/01/23 06:59】| URL | Fahrrad #uOnX6Dwg[ 編集] |

突然のことで驚きました。
でも 私も先のことを考えると
いつまで続けられるか自信はありません。

いつかここからも卒業するときがくるのかな?
という思いはよくよぎります。

ゆうきさんは長い間頑張ってたんですものね。
お疲れさまです。

すいません。
どんな言葉をかけたらいいのかよくわかりません。
だけど 元気になったゆうきさんが
戻ってこられるのを待っています。


【2007/01/22 23:27】| URL | tenko #-[ 編集] |

ゆうきさまのブログ

私的ランキング1位でしたよ

時には休息は必要ですね

しっかり体力・詩力を充電して戻って

来られることを祈っております

後ろ髪を引かれる思いもあるでしょうが

個の気持ちを一番大切に

日々の詩ありがとうございました
【2007/01/22 23:16】| URL | 銀のしずく #r3CfurvE[ 編集] |

僕らは哀しい生き物
思い合えていても
重なり合えない
たったひとつのすれ違いで
全てが壊れる

人間をいかにも象徴する一連。
最近の出来事を思い返しながら
人間て皮肉だなって感じます。
でもそんな中でも
繋がりあえる人を
何処までも探しているのも事実。
こうやってブログを通して
ゆうきさんとも繋がってこれたし。
これからもその想いは変わりません。

私自身もこれからの環境の変化や
状況の展開次第では
ブログをどこまで続けられるかわかりません。
思うような詩が書けないことも続いたり
何が訴えたかったのかわからなくなったり
まだまだ迷いながらなのかもしれません。
しばらくはできるところまでは続けようと思います。

ゆうきファンとしては辛いですが
ゆうきさんのあたたかい詩に
再会できることを願っています。
これまで何度も優しい気持ちをもらいました。
本当にどうもありがとう。
更なる飛躍を祈っています♪


【2007/01/22 23:11】| URL | あこ #-[ 編集] |
こんばんは
お久しぶりです。
そうだったんですね・・・
お疲れ様です。
ゆうきさんのブログなんだからゆうきさんの思うようにしたんで全然ですよ♪

ゆうきさんのペースで、いい時にまたはじめたらよいと思います☆
その時はまたよろしくお願い致しますー
寒さに気をつけて過ごしてね♪

今までありがとうございました(^-^)その時はまたお会いしましょう
【2007/01/22 22:54】| URL | 風月 桜 #u2lyCPR2[ 編集] |
お疲れ様です(^^)
ゆうきさん!

ちぃーす!!

おつかれっす!!!

ユウキ~カンバッ~ク!!!!
【2007/01/22 22:41】| URL | HERO #-[ 編集] |

ゆうきさん
突然のことで驚くと同時にとても哀しく、寂しい想いです。
一番辛いのはゆうきさんでしょうね。
わたしはゆうきさんの詩の世界が好きでした。
限りなく純粋で、透明で正直で・・・
いつもここに来ると元気をもらっていました。
本当にありがとう。
わたしも最近は不安定な心を持て余して、
絶望的な詩を書いたりして、そんな自分に嫌悪感を抱いた
りもしています。
皆に元気になってもらう詩が書きたいのにと。
だから、ゆうきさん、ゆっくり休んでください。
そしていつかまた、戻ってきてね。
いつまでも待っています。
物を生み出すことの辛さはわかっているから。
今まで本当にありがとう。
また会う日まで・・・ お元気で☆
【2007/01/22 21:54】| URL | アンジェリーナ #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。