スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
空は青く
雨も上がった

いつもの道(とおり)

そこにあるのは水たまり



僕はぼんやり

眺めてみたんだ

そこに映るは空模様



だけど綺麗な青はない

不安になって空を見上げた

空は青く輝いていた


              裕 樹



いつもの応援と沢山のコメント、ありがとうございます!


 fc2ブログランキング ←現在1位です

 With2人気ブログランキング ←現在7位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/12/15 18:35 】 | 心の和む詩・ことば | コメント(6) |
<<ねがい ? キミとの… ? | ホーム | 順位>>
コメント

 >アンジェリーナ さま♪

アンジェリーナさん、こんばんわぁ!
コメントありがとうです~

今日は、午後から雨が降ってきましたが
午前中から昼間にかけては凄く良い天気でした。


不思議なものですね、心が落ち込んでる時って
色で表現すると凄く暗い青、って感じなのに
空の青を眺めるだけで、浄化されたような気持ちになる。



その、空の青に有難みを感じながら過ごしています。
でも、その青が・・・失われつつ、ありますよね。
無論、この世の自然は素晴らしいものばかりです。
今だからこそ、自然を護ることが人としての義務だと思います。

自然を護ることが、今後の未来を明るくしてくれるような、
そんな気が・・・今はしています。

出来ることから、最近はマメにするようにしています(笑)


【2006/12/17 18:08】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

ゆうきさん、こんばんは。
今日は久しぶりの晴天でした。
わたしも夜明けの空を見上げたよ。
澄んだ青空は不安な気持ちを温かく包んでくれる。寂しいとき、哀しいとき、なぜか空を見上げる癖がついたの。
いつもそれで救われてきた。
応援は完了しています。
【2006/12/17 01:15】| URL | アンジェリーナ #-[ 編集] |

 >あこ さま♪

この詩は・・・下ばかり向いている時に浮かびました。
下ばかり俯いて歩いていると、空の青さも・・・忘れる。
それを確かめるために、人は・・・自分は、上を見上げる。


あこさん、こんばんは!
コメントありがとうです~

そうですね、時々当たり前にあるものも実は偽りで、
見てないところでなくなっていたり、変わってしまっていたり、
そういった不安がよぎることがあるんですよね。

でも、ちゃんと確かめることで一段落して、また歩き出せる。
そうです、安心できた一瞬の心模様・・・込めています(笑)





 >銀河ステーション さま♪

そうですね、きっと青空のように・・・変わらないものでも、
自分の気持ちや心の持ちようでそれを信じられなくなり、
そうやって勘繰ってしまったり、してしまうのだと思います・・・


銀河ステーションさん、こんばんは!
コメントありがとうです~

なんだか、自分がこの詩を書いた時の心情そっくりのストーリー(笑)
たまたま、水溜りに映ったものが空模様・・・だっただけのことで。
その中に青ってないんだなぁ、見上げれば青いのに、みたいな。
そんなふうに、何もかもが色褪せてしまうものなのかな、って
思うととても侘しくなって、それを表現してみたくなったんです。


なんだか、あまりに自分の思っていたことが
次々と銀河ステーションさんにあたかも見抜かれているかのような、
そんなコメントがあってびっくりしてしまいました(笑)





 >新山 砂名 さま♪

例年になく・・・今年の冬は冷たいですよね。
地球の叫びなんでしょうか、泣いているんでしょうか。
悪化していく人と人との関わりに、命の尊さの軽視に・・・
無論、そう思って過ごしている人はいかほどいるんだろう。


砂名さん、こんばんは!
コメントありがとうです~

上のコメントにも書いたのですが・・・
この詩に出てくる人物像は、下ばかり向いている人なんです。
上も見なければ、空の青にも気付かないですよね。
地球は青い、それは実際に地球を遠目に見たから言える言葉。
空が青い、そう言えるのも・・・しかりです。

でも、空が青いことだけは何らかの方法で知っている。
偶然にもたまたま映し出された空模様に、青がないことを思う。
なんでない?そう思い見上げる、そこで初めて青を知る、という光景。

その時に、初めて味わう自分も青を味わえた、という悦び。
それと、砂名さんの描いてくれた場景がマッチすると・・・
とても素敵な情景が、出来上がりますね。

僕も、空を見上げると心が落ち着くことには不思議を覚えます(笑)



あ、もしかしてそのブログは・・・
以前、砂名さんに言ってくれた、というその人・・・かな?
覗いてみますね!
【2006/12/16 19:16】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |
おはようございます♪
最近、雨ばっかりでしずん天気だったけど晴れましたね(笑。
目を閉じれば、少年が水溜りを見てあわてて上を見上げる。そこにかすかな風がふいて、髪を優しく撫でていく。
空にはまぶしいくらいの青空があって…一瞬驚いたように目をかるく見開き、その後かすかな微笑を浮かべている少年がいる。
そんな光景が浮かびました。
不安になるのは、いろいろなときがあるけど変わらない青空を見たとき。不安が和らいで、ほっと安心できるのが不思議ですよね。
前に書かせてもらった、友人のブログです。
よかったら、尋ねてみてください。
【2006/12/16 11:11】| URL | 新山砂名 #-[ 編集] |

みずたまりは 心?

たぶん愛は、見上げればそこにある青空のように、変わらない鮮やかさで僕を包んでくれているのかもしれない。
でも、僕の心は揺れたり、濁ったり…その愛をときに受け止めきれない。そして勝手に不安になって…。

それでも変わらない青空…、その存在に気づく時…
なんて勝手にストーリーを創ってしまった!

シンプルな分、想像がひろがる詩ですね。浸ってしまいました。
【2006/12/16 07:20】| URL | 銀河ステーション #teGbE6cI[ 編集] |

しばらく雨続きだったね。
今日は青い空が久しぶりに見れました。
少し迷い不安になっていた気持ちが
いつもあるはずの青い空をみることで
安心できた心模様が隠されているようにも感じました。
ちょっと意味わかりにくいかな?(笑)
まあ私なりに勝手に解釈できたということです♪

【2006/12/15 23:04】| URL | あこ #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。