スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
仕方がない
人はみな

産声上げて

産まれてきたんだ



何度も泣いて

また泣いて

呆れるほどに

またまた泣いて



だからこそキミの

笑うカオが

何物にもなく愛おしいんだ

辛くたって頑張れるんだ



きっとそうして

人はみな

愛されたくて

仕方がないんだ


               裕 樹



昨日に引き続き、命に似た感じの詩ですね。
色々想像部分の多い詩・・・になりましたが。

でも、赤子の笑顔が可愛くない訳がありません。
それは、泣くことの多いなかでの笑顔だからかな、なんて。


 fc2ブログランキング ←現在1位です

 With2人気ブログランキング ←現在7位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/12/13 19:14 】 | その他の詩・ことば | コメント(9) |
<<順位 | ホーム | 今年の一字「命」>>
コメント

 >チェルシー さま♪

男ながらに・・・思っています、はい(笑)
でも、意外とそう思っている人は多いような気もします。


チェルシーさん、こんばんは!
コメントありがとうです~

そうですね、やっぱり関心を持つ、ということは大事ですね。
勿論、そのためのココロの余裕も・・・必要ですね。

僕も心がけておかなくては!





 >アンジェリーナ さま♪

ホントに天使ですよね、特にあの笑顔は・・・(笑)
そして、この詩もとても素敵ですね。


アンジェリーナさん、こんばんは!
コメントありがとうです~

そうですね、命は尊いものです。
無論、これからもずっとそう思って生きていきたいです!
【2006/12/15 20:08】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

ゆうきさん
温かい詩。赤ちゃんの笑顔ほど愛らしくて愛しいものはないよね。誰もが笑顔になれるんだから。先日わたしが娘に書いた詩をここにもう一度載せさせてね。

 「わたしの天使へ」
  今日はあなたが私の元へ
  舞い降りてくれた日
  長い間待ち望んだ幸せな瞬間
  あなたはとても小さくて
  きつく抱いたら壊れてしまいそうで
  そっと そ~っと 胸に抱いたよ
  もみじのような 小さな手は
  とてもやわらかくて あたたかで
  愛おしくて 愛おしくて
  涙が溢れて止まらなかったよ
  初めまして わたしの天使

命は尊いもの。だからこそ、大切に大切にしていきたいと心から想います。
【2006/12/15 13:47】| URL | アンジェリーナ #-[ 編集] |

コメント欄にあった、かまってほしくて、あまえたくて、抱いてほしくて。
これは大人でも思っていることかもしれないわね。うんん、思ってるわ!
…ゎたしもおもうもの^^

まわりに無関心だと気づかないことがたくさんあるでしょ。
まわりに関心をもつにはココロに余裕がないといけないなぁと思います。
はい、チェルシー(u_u*)♪心がけるようにしています^^
おじゃましました。
【2006/12/14 23:10】| URL | チェルシー #wnVGP2ss[ 編集] |

 >megumilk さま♪

そうだね、めぐさんの一番のテーマだよね。
ホントに・・・いつ考えても重い、凄く重いよ。


めぐさん、こんばんは!
コメントありがとう。
そして、祝福もありがとう!

こうして詩を綴るようになって、何かが変わったよ。
何が変わったのかは解らないけれど・・・なんだろうな、
それまでずっと過去だったものが次々に想い出に変わって、
一番変わらないであろうものも・・・変えられた。

多分、自分の力じゃないんだろうな、みんなの力だろうな。
こうしてコメントをしてもらって、それを見ながらまた考えて、
その中で得たものや出た結論から、打てなかったピリオドを
ひとつづつ、確実に打てているからだろうな、って今は思う。



こうして言葉にしたあとは、行動あるのみ・・・だね。
来年は変化の年にしたいな(笑)





 >PHANTOM さま♪

魂・・・かぁ、その言い方、凄く深みがあるね。


PHANTOMさん、こんばんは!
コメントありがとう~

そうだね、結構曖昧な部分は多々あるよね(笑)
人のため~とか言いながら、自分のためだったりもする。
だけど・・・人のため、って考えていると自然と
自分のためにもなるから、ラクなんだよね、色々と。

自分のため、ばかり考えると人に優しくなれないし
無駄な言い争いするし、不用意な言葉も平気で吐けるし・・・


うん、やっぱり人のためを第一にしてる人間は好めるわ~(笑)





 >あこ さま♪

産まれたばかりの赤ちゃんは・・・泣いて産まれてくる。
そして抱かれた手の中で・・・その涙はおさまる。

それからも、赤ちゃんはことあるごとに泣き喚くのだろう。
・・・かまってほしくて、あまえたくて、抱いてほしくて。


あこさん、こんばんは!
コメントありがとう~

いくつになっても、そんなふうに・・・
言葉で言えないから何かの行動で示す、ってことって
結構な人がしていることなのかな、って感じがしますね。

そう思うと、人ってホント・・・難しい生き物ですね(笑)





 >nao35 さま♪

nao35さん初めまして、こんばんは!
コメントありがとうございます~

・・・べ、勉強ですか!?
僕なんかの詩を参考にして頂けるなんて・・・
なんだか、少しばかりお恥ずかしい(笑)

苦労されている、とのことですが、そうですね・・・。
見させて頂きました、自分の独断と偏見ですが
「その指で」と「ブロガー」はいい感じでしたよ♪



って、何偉そうなことを言っているんだ俺は(^^;





 >銀河ステーション さま♪

そうですよね、無論自分も・・・そうだったんだよなぁ、って。
そう思うと、ずっと赤子でいたかったなぁ・・・なんて(笑)
大きくなればなるほど笑顔を忘れ、反抗し、偉そうになり、
それまでの感謝など、少しもせずまま育っていくのだから。。

いずれ解るのだろうけど、今思えばそんな態度で
接してしまった自分を、時々責めることもあります。
勿論、求めていたものが貰えなかったから、という理由もあるけど・・・


銀河ステーションさん、こんばんは!
コメントありがとうです~

そうですね、どんな人ですら・・・産声を上げてきている。
でも・・・この世の中には産んだ子を捨てていく親がいる。
酷ですよ・・・産む前に対処すればよかったのかもですが、
そうすれば命をひとつ、自分の手で絶つわけですから・・・
それが出来ずに息吹だけ吹き込んで置いていってしまうのかな。
・・・それが、過ちへの償いという人もいるのかも知れません。


・・・でも、何か違うんですよね。
子どもは・・・子どもには、産んでくれた親しかいないのに。
親の事情で満足に育てられない子ども・・・歯痒いばかりです。



そして、命の尊さを軽視するかのような今日のイジメやら。
今の親は説かないのでしょうね・・・命の尊さってものを。

今の競争社会は、人を破滅へおいやっている気がしますよ・・・。
【2006/12/14 19:19】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

人はみんな、たくさん泣きながら大きくなったんですよね。

先日、帰省をして、愛する子どもの顔を見てきました。何度かむずかって泣いていましたが、泣きやんで笑顔を見せてくれる時のうれしさ…。

自殺して死んでしまった子も、あるいはわが子を殺めてしまった犯罪者ですら、こんな泣き顔と笑顔を愛されて育ってきたはずなんだと思うと、たまらない気持ちになります。

いろいろと考えさせてもらいました。下の「命」の詩も含めて…。
【2006/12/14 17:20】| URL | 銀河ステーション #teGbE6cI[ 編集] |

初めまして。ランキングからきました。
最近詩を書き始めたんですが、なかなか苦労してます;
勉強させていただきます。

最後の2行、ズシンときました。
【2006/12/14 12:23】| URL | nao35 #-[ 編集] |

人はみな愛されたくて仕方ない
その言葉がとても心に響きました。
ほんとにそうだな。
【2006/12/13 21:55】| URL | あこ #-[ 編集] |

命か~
これほど弱いけど強いものはない。
俺が言っているのは正確には「魂」ですかね。

そうなんですよね。
他人のためでも、結局は自分のため。
だけど、やっぱり他人のためで。
人間は矛盾しているけど、やっぱ
すばらしい生き物だなと思います!
【2006/12/13 20:57】| URL | PHANTOM #uOnX6Dwg[ 編集] |

ゆうきさん!!またまた1位おめでとう☆☆☆

命。私がブログで考えているテーマそのものです。
人生。命。そんなことを考え詩におこしていると、
また生き方が変わっていますね。一日ブログで詩を
更新することは、私を悲観的な世界から引き戻してくれ
ます。そしてゆうきさんの詩も。

ありがとう☆私も1位目指して更新していきます!!
【2006/12/13 20:07】| URL | megumilk #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。