スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
初めて - The First Time -
誰もが一度は

通る路

あなたにとっての 初めてのとき



産声上げて

地を這って

そして僕等は

泣いて笑った



そうして産まれた

幾度の初めて

全ての出逢いが

初めてだから



そんな出逢いは大切にしたい

きっとそうして生きてる方が

あれこれ文句垂れるより

ずっとずっとシアワセさ


             裕 樹



明日からは、あなたの目の前に起こる全ての「初めて」を
もっともっと大切に、真剣に受け止めてあげてください。

たとえそれが醜い現実でも、時にそれらをしっかり受け止め、
後の世で繰り返されぬよう引き継ぐことも僕等への使命。



時にはバカしたいし、ハメも外したい。
だけど人は・・・もっと厳しく、そして優しく生きられる筈だ。
うん、自分ももっと・・・精進しなくては。。。
それに、このままの自分でダラダラ歳を重ねるのは御免です。





「あんな大人には・・・」と言われないように、慕われる人間に、
背筋を伸ばし、胸を張っていられる人間に、なりたいと思うし。
間違っても、悪事の手助けをする人間になりたくはない。

それだけは譲れない俺なりの信念であり、理想の将来像です。


 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在12位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/10/09 20:14 】 | 伝えたい詩・ことば | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<歩幅 | ホーム | 思いの限り>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuuki1983.blog63.fc2.com/tb.php/176-616e73ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。