スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
信じたくなかった
静かにそおっと

目を瞑り

幼き頃を振り返る



小さい頃は

我侭で

時々僕は反発もした

時々僕は拒絶さえした



だけどあなたはもういない

そうなることすら望んでいた僕

なんでこんなに

涙が溢れてくるんだろう

堪えたくても

堪えられない


               裕 樹



この詩は・・・今は亡きじいちゃんへ捧げる詩。

人は、失うまでその大切さに気付かない、気付けない。



・・・それからなのかも知れない。

初めから大切にしていれば、きっと俺は誰の死であっても

ちゃんと受け止め、その場で涙を流し、

その人のぶんまで生きよう、そう思うことが出来る・・・と。



まぁ、そうは言いながらも自分が出来ることはきっと

その場で泣くか泣かないか程度の差なんだろうけどな・・・

そう簡単に人の死なぞ受け入れられる筈がない。。。

俺は無理矢理受け入れよう、受け入れるしかないんだ、

そう思うことしか出来ず涙すらその場で流せなかったしな・・・





きっとあっちの世界でもああだこうだ五月蝿いんだろーなー。

家の中でずっと、そうして生きてきたからな。

あんなに元気だったのに・・・あっさり逝き過ぎなんだよ・・・

その事実、知ってたらもっと大事に出来たのによ・・・

あの日の死を、あの日が最期だと、解っていたらこんな・・・





 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在21位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/10/06 18:51 】 | その他の詩・ことば | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<気まぐれ | ホーム | キミのココロに>>
コメント

 >megumilk さま♪

こんばんわぁ。
めぐさんも、亡くしていますか・・・
人の死を間近にすると・・・人って変わる気がします。

ましてやそれが、自分が好きでなければないほど・・・
きっと、好きである方があまり印象に残らない気がしてなりません。





 >しい さま♪

こんばんわぁ。
しいさんの家庭はご健在ですか~。
ずっと居てくれるなら何も恐れることはないのに・・・

間近に居合わせた時・・・改めて人の生を考えさせられました。
あの日のことは・・・忘れてはいないが思い出したくはないです。
思い出すたび、嘘だ、信じない、そう思うこともあります・・・





 >銀河ステーション さま♪

こんばんわぁ。
ブログにも書かれていましたね・・・

おじが亡くなる前、もとい自分が中学生の頃でしたが・・・
数少ない友の母かな?おばかな?のお葬式に行きました。
自分の親族のお葬式でなくても、伝わるんですよね・・・色々。

決して縁のない人の死、ではないのかも知れませんが・・・
少なくとも、一度もお目にかかったことのない人の死ですら
自分は哀しいものだな・・・と幼いながらに思った記憶があります。



人の死は、誰のものでも喜ばしいものではないです・・・絶対に。
無論、この世の死刑などといった、過ちを犯して死ぬのも例外ではなく、
そんなことで死を選ばずにもっと人生をまっとうして欲しいものです。
自分の人生も、相手の人生も。
寧ろ全ての人類の人生が・・・みな尊いものですよね。
【2006/10/07 17:49】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

僕も最近、思わぬかたちで大切な人を失いました…。
大事にしたいな。出会うすべての人との時間を。
【2006/10/07 10:27】| URL | 銀河ステーション #teGbE6cI[ 編集] |

しいは一緒に住んでいるんもおばあちゃんも
健在です。
だからこそいなくなったらポカンと穴があきそうで怖いなぁ。
【2006/10/07 10:05】| URL | しい #IUIHwiH6[ 編集] |

私も育てられた大好きなおじいちゃんに、高校生のとき旅立たれました。そのときは全然実感がわかなかったけれど、でも、今になって、懐かしいし、よく夢をみます。きっとかけがえのない孫だった私をさぞかしかわいがってくれたんだろうな。つい一週間前、お彼岸でお墓参りに行ってきました。じいちゃん、めぐみは元気だよ。
【2006/10/07 09:09】| URL | megumilk #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuuki1983.blog63.fc2.com/tb.php/173-10c35469
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。