スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
おかえり
真っ暗な部屋

冷え切ったボク

今宵もあなたは ここにはいない



どれだけ待てばいいだろう

そんなことまで

考えていた



キミにとっては

どうでもいいかも知れないけれど

ボクは帰りを待ってたんだよ



" おかえりなさい "

その一言を

言うために


           裕 樹



何になったつもりかは、解って頂けると思います。


 fc2ブログランキング ←現在4位です

 With2人気ブログランキング ←現在23位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/09/12 18:23 】 | 心の和む詩・ことば | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<Wind - 吹き付ける風 - | ホーム | どうして - 失いたくなかったもの ->>
コメント

 >あおいくま さま♪

ジェノさんおはよ~
そして、コメントありがとうございます!
はは・・・その呼ばれ方懐かしいわぁ。


この詩は・・・
家というか部屋になったつもりで書きました。
きっと、こういう家なり部屋が今の世は多いんだろうなーって。



もっと、色んなものを大事に出来る時代になって欲しいです。
否、寧ろ俺らがそういう時代作り上げなきゃいけないんだね。





・・・出版か、売れるんだろうか(死
したくない、こともないんだが・・・(ぇ
【2006/09/13 09:42】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

マスターめっちゃ詩人になってるやんw
この詩は今の心情かな???

なんか寂しさを感じました! 。゜(゚´Д`゚)ノ

そのうち詩を本で出版じゃw(ぁw
【2006/09/12 23:53】| URL | あおいくま(ジェノサイド) #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuuki1983.blog63.fc2.com/tb.php/149-ef88488a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。