スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Hug
傷つけて

傷つけられて

僕らそうして生きてきて



時には深く 負わされたもの

時にはずっと 忘れられない

拭えぬ傷が残っても



その傷かくすな

消そうとするな

きっと愛してくれるから

ボクが包んであげるから


              裕 樹



 fc2ブログランキング ←現在5位です

 With2人気ブログランキング ←現在19位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
いいなぁ、って思っていただけましたら1クリックお願い致します。
皆様の応援はとても励みになっております。
【2006/08/20 21:22 】 | 頑張りたい時の詩・ことば | コメント(2) | トラックバック(0) |
<<あなたのそばで | ホーム | 無限の光 - Light of eternity ->>
コメント

 >しい さま♪

しいさんこんばんわぁ。
お仕事おつかれさまですよ~。
それなりに、慣れました…?
でも、勤務時間が長いみたいだし無理しないでくださいね!

hugは・・・1度だけしたことあったなぁ。
確かじいちゃんとだったと・・・
無論、幼い頃に抱かれるのもhugなんだとは思いますが。
でもまぁ・・・大きくなって同じ背丈の人と抱き合うって経験は、
そう簡単に味わえるものではないだろうなぁ、って思います。
そう思うと、高校野球などのあれは見てるだけでも感動です。



そんな本があるのですね~
こんな時はこんなhag・・・どんなのだろう。
凄い興味湧いてきました、今度本屋行って探します!(ぉ
【2006/08/21 18:24】| URL | ゆうき #KRZE5wbw[ 編集] |

しいはhagって家族や友達同士でやるには恥ずかしいですが
恋人同士なら恥ずかしくないし心落ち着きます。
hagという本もでていて
こんな時はこんなhagがあるとか書いてありました。
何だかおもしろい本でしたよ。
【2006/08/21 16:03】| URL | しい #IUIHwiH6[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://yuuki1983.blog63.fc2.com/tb.php/126-b129c8fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。