スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
Happy Birthday ? ありがとう ?
heart - DL(http://www.photolibrary.jp/)



怒ってくれて

ありがとう

笑ってくれて

ありがとう



ずっと言えなかったけど

今は素直に

言える気がする



これからもずっと

僕の隣で

僕だけのために怒ってよ

僕だけのために笑ってよ

キミだけのために

僕はこの愛の灯を

ずっとずっと捧げたいと想うから




                        裕 樹



「キミだけのために 僕は愛を奏でるから」で
終わらせていたのですがたった今変えました。



早いもので・・・今年で23を迎えました。
特に今年の1年は・・・あっという間でした。

色んな意味で、沢山の交流をさせて頂くことも出来ました。


面倒臭がりな自分が、ここまで毎日続けてこられたのも・・・
自分が何かを伝えたい、ただそれだけの自分よがりではなく
ひとりでも誰かの心に何かを届かせたくて、響かせたくて。





今年1年は・・・もとより詩を書き始めてからというもの、
「鳴くまでまとう」だったのが「鳴かせてみよう」になりました。

良くも悪くも、そんな姿勢は今日までの軌跡を支えてくれました。



来年、またこの日に詩を書き綴っていられるか、それは解りません。
そもそも、来年もずっと毎日書き綴られるかも・・・解らない。

でも、伝えたい言葉がある限り、言葉が溢れてくる限り、
このブログに終わりはありません、ずっと続けて参ります。





これからも見守っていてください・・・とは言いません。
このブログを、今後も共に盛り上げてくだされば嬉しいです。


 fc2ブログランキング ←現在2位です

 With2人気ブログランキング ←現在4位です


↑今後とも応援よろしくお願い致しますm(._.*)m
スポンサーサイト
【2006/12/23 14:21 】 | Me | コメント(17) |
Me ? Final ?
キミは僕に...



          どんなに孤独で苦しくたって

          きっと何かは

          裏切らない

          無愛想で無口なヤツにも

          あなたを見ているものはあるのさ



          そしてあなたを

          ずっと誰かが

          大事に思ってくれているはずだ





          今もしその人見当たらなくても

          諦めないで

          立ち上がってよ

          誰もいなくて不安なら

          僕のこの手を差し伸べるから



          頼りないかも知れないけれど

          僕を信じて

          さぁ走り出して

          思いのままに

          力の限りに

          自分を信じて

          駆け抜けてごらん?



          キミが動けば

          世界も

          動くんだ


                      裕 樹



この1週間・・・7回に渡り続けて参りました
「Me」シリーズも本日で終わりとなります。

最後まで見てくれた方、本当にありがとうございました。





今回の企画は・・・ただ単に1回で書き終わる詩、ではなく
続きのある詩、というものをやるべく何が良いか、
それを辿った時良い機会と思い自身の過去をテーマに・・・。


結果的には、結構しめっぽくなってしまいましたが(^^;
でも・・・最後はそんな逆境の中から得られたもの。

決して、簡単に掲げている言葉・・・志ではありません。



最後の言葉は、みんなに掲げていて欲しい言葉です。


 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在13位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/11/26 16:56 】 | Me | コメント(13) | トラックバック(0) |
Me ? SemiFinal ?
寄り添うことの大切さ

笑い合えた友の重さ

何よりそれを訴えたいのは

きっとこの世で

僕だけじゃない



きっと誰かも

そしてあなたも

誰もが思っていいはずだ

寧ろ今こそとなえるべきだ

明日のために

未来のために


             裕 樹



 fc2ブログランキング

 With2人気ブログランキング



本日は土曜ということで、午前中の更新です。
さて、明日がいよいよ最後です。

とはいっても、山場は殆どここに近いですが(笑)
最後は僕が切に届けたい願い、そして心の叫びです。

まだ前に踏み出せない全ての人へ、そして・・・自分へ。。


Fifthがまだの方は → コチラ ← 
それ以前のものは → コチラ ←  です。


追記(身の上話)は続きの方へ載せておきました。




続きを読む
【2006/11/25 09:51 】 | Me | コメント(3) | トラックバック(0) |
Me ? Fifth ?
だけどその時知ったんだ

僕には投身する勇気ですら

少しも持てていなかったことに

それが何より

悔しかった



その時僕は少しづつ

自分の価値を見出し始めた

「解ってくれない人ばかりなら

      解ってくれる人を探そう

 ここで命絶つくらいなら

       きっと探し出せるはず」



その見出したものさしで

世界がふっと広がった

人の温もり味わえたとき

僕は全てが崩れたよ


              裕 樹


みなさんこんばんわ。


流石に昨日の記事は見るに辛い内容だったでしょうか。
無論、昨日の記事の部分に関しては書いた本人ですら、
微々ながら思い出してしまって息苦しくなりました(^^ヾ

俗に言うフラッシュバック、というやつかもしれません。
まぁ・・・幸い、重度のものではないかと思いますが。





初めて・・・生のことを考えたのは中学3年くらいでした。
考えうる全ての問いに、ただひたすら答えを出そうと必至でした。
それなりに、自分なりに、答えを導いていけた。
幸いながら、そうするだけの脳は既に形成されていた。


・・・でも、何故生きる?って問いに答えは出なかった。
それはきっと・・・
あの頃の自分に、生きる意味がなかったから・・・だと思う。



自分は、何においても意味・・・理由がなければダメだった。
少なくとも、あの時の自分はそうすることしか選べなかった。
だから・・・必至に答えを出そうとした、でも出なかった。

その答えが出れば・・・と思いながらも、答えは出ず。。。





答えを出せない自分に腹が立ち、本気で・・・断とうとしたけど
いざ、向き合ってみるとバカバカしい自分がいたんですよね。
どうすればラクに・・・とか、あれは痛そうだな・・・とか。

あれこれ考えるうちに気付きました。
自分には、断つ勇気ですらも、なかったんです。
悔しかったのも勿論あったけど、心の中では半分笑っていました。


お前・・・アホか、と。

なんとか、自分はその場で踏み止まりました。
でも、踏み止まったとはいえ・・・動き出せることもなく。





・・・ある日、とあるアーティストのライブに行った。
それなりに応援していた人の・・・だった。
その時、自分は初めて見たんだ・・・涙を流している姿を。

俺はそれまでずっと、涙は哀しい時だけ流すものだと思っていた。
でも、俺の中でのその常識が・・・その時覆った。


それからだと思う。
嬉しくて涙出来るようなこと、
自分の感情が抑えきれないほどに愛せるようなもの、
これから先自分にはあるかな、見つかるのかな、って。

そう思えたとき、全ての鎖は解けたんだ。





人は・・・自分のために生きるだけが生じゃない。
何かのために、誰かのために、必至に何かをすることも立派な生だ。
時にカッコ悪いところ見せても、時に感情があらわになっても、
それが誰かの心を打てるなら、それだけで立派な生なんだ、と。





あの頃は・・・自分にしか目を向けられなかった。
なんでいつも自分だけ、どうしていつも自分ばかり・・・。
どうせ自分なんか、・・・今から考えれば、それは呆れるほどに。


だから、やめたんです。
自分のこと、考えることを。


 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在11位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



p.s 続きへ、FirstからFourthまでを続けて載せておきました。


続きを読む
【2006/11/24 17:33 】 | Me | コメント(5) | トラックバック(0) |
Me ? Fourth ?
僕に頼れたものなどなかった

周りの友や

両親でさえも



この世に生きる人たちは

ただ見てるだけさ

そう思ったから



それでも諦めずにいれば

いつか笑える日がくると

僕は自分に言い聞かせ

心の友と

過ごしてきたけど



それもいつしか苦に変わり

生き甲斐さえも

失いかけた

この身投げ出すことすら思った


               裕 樹



この頃、当時僕は中学生でした。
本気で・・・自分の不甲斐無さと存在意義を見出せず、
このまま生きていたって変わりっこない、と・・・


丁度反抗期にも被ったのも堕ちた原因かも知れない。
やり場のない虚しさ、家に帰っても安らがない日々。



唯一の理解者と言えば・・・塾の先生だったかな。
それでも、頼ることは出来なかったかなぁ・・・
変に意地張ったのと、迷惑かけたくない、ってのがあって。





さて・・・くらーい内容は今日でおしまいです。
明日からは、今の僕へと続く詩に繋がっていきます。


あと3日間ですが、どうぞ最後までお付き合い下さい。
と、その前に・・・

まだ最初の方を把握していない方のために。

Firstは → コチラ ←  Secondは → コチラ ←  Thirdは → コチラ


まとめていなくてすみません(^^ヾ
明日辺り、ここまでの軌跡をまとめておきたいと思います。



 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在10位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



【2006/11/23 19:42 】 | Me | コメント(7) | トラックバック(0) |
Me ? Third ?
だけどそんな強がりも

結局はいつも

無意味だったよ



僕が友だと思っていたのは

テレビやゲーム

音楽だけで



あの頃の僕に

出来たことと言えば

今日の出来事忘れるようにと

想い出なんかに残さぬようにと

ただただ必至にもがいてた


              裕 樹



たくさんのコメント、本当に嬉しいです。
こんなくらーい内容なのに・・・

途中でやっぱりやめます!って言おうと思ったけれど・・・
ここまでみなさんのコメントが暖かくて、嬉しくて。


あと数日、こんな感じのどんよりさが漂うと思いますが
後半はがらっと変わりますから!


最後はしっかり〆ますので、必ず見に来て下さいね。

ちなみにFirstは → コチラ

そしてSecondは → コチラ ←   です。


 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在10位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。



p.s 昨日も沢山のコメント、ありがとうございます。
   昨日のコメントへのお返事が、22時10分にて完了しました。
   報告するほどのことでもないですが・・・(笑)

   引き続きこれまでのコメントにお返事致しますm(._.*)m
【2006/11/22 18:19 】 | Me | コメント(8) | トラックバック(0) |
Me ? Second ?
喩えどんなに

撥ね退けられても

無視されようと

笑われようと



自分が強く

あればいい

自分が我慢すればいいなら

それでいいんだ

そう思ってた


              裕 樹



当時のことなどは、続きに少し書いてみます。

ちなみに、Firstがまだの方は → コチラ ← より。
(別ウィンドウが開きますので、どうぞご注意下さい)


 fc2ブログランキング ←現在3位です

 With2人気ブログランキング ←現在10位です


↑本日の詩はいかがでしたか?
何か感じていただけたことはありましたか?
心動かされるものがありましたら1クリックお願い致します。

コメントに関しましてもたくさんのお言葉、お待ちしております。


続きを読む
【2006/11/21 18:04 】 | Me | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。